りゅーの備忘録

ゲームの報告だったり日記的なものだったり。

好きなアンサンブル楽曲について

どうも、りゅーです。

 

少し前に好きな夏コン課題曲や吹奏楽曲についてまとめたやつを書いたが、今回はアンサンブル楽曲についてまとめていきたい。

注意点

  • 自分はどっちかと言うとアンサンブルよりも合奏で吹く方が好きな人種なので、そもそもの曲の知識があまりない。したがって有名曲が多めとなる。
  • 基本的に現役時代(中学高校)の時に好きだったものが、そのまま現在も好きになってるので思い出補正かなり強め。

 

目次

 

「水上の音楽」より

www.youtube.com

作曲者:G.F.ヘンデル

編成:金管八重奏(Trp.1 or Pc.Trp. doub. F.Hr. ※Opt)/ Trp.2 doub. F.Hr. ※Opt / Hr.1-2 / Trb.1-2 / Euph.1 / Tub.1)

冒頭のアレグロがとにかくかっこいい。金管の豪華な雰囲気がよく合う。

全編を通してチューバかっこええなぁって思いながらいつも聞いてる。

 

金管五重奏

www.youtube.com

作曲者:M.アーノルド

編成:金管五重奏(Trp.1-2 / Trb.1 / Hr.1 / Tub.1)

聞いててわかるめっちゃ難しそうな曲。でもかっこいい。

チューバの譜面見た事あるけど音たけ〜!!!!ってなった記憶がある。吹いてみたかった。

 

ニューヨークのロンドン子

www.youtube.com

作曲者:ジム・パーカー

編成:金管十重奏(Trp.1 doub. Pc.Trp. / Trp2-3 / Trp.4 doub. F.Hr. / Hr.1 / Trb.1-3 / B.Trb.1 / Tub.1)

めちゃくちゃ人が多い。金管八重奏バージョンもあった気がするけどよく覚えていない。

吹いてて非常に楽しい曲。でも普通に難しい。

 

三重奏曲 ハ長調 Op.87

www.youtube.com

作曲者:L.van ベートヴェン

編成:木管三重奏(Ob.1-2 / E.Hr.1)

かなり珍しい木管三重奏の中でさらに珍しいオーボエトリオ。ダブルリードの音が個人的にめちゃくちゃ好きな関係でめちゃくちゃ好きな曲。

 

ブエノスアイレスの春

 

www.youtube.com

作曲者:A.ピアソラ

編成:サックス六重奏(S.Sax.1 / A.Sax.1-2 / T.Sax.1-2 / B.Sax)

冒頭のテナーソロを聞いてくれ。えっちすぎん????

そもそもメロディラインがずっと色気凄くてサックスの良さ滲みまくってるのだが、冒頭にこのメロディラインをテナーソロで吹かせようとしたのは天才だと思う。

 

セカンドバトル

www.youtube.com

作曲者:天野正道

編成:サックス五重奏(S.Sax.1 / A.Sax.1-2 / T.Sax.1 / B.Sax.1)

木管低音ずるいぞ曲その1。

サックスアンサンブルの中でもめちゃくちゃ有名な曲。バリトンの動きがかっこよすぎて惚れる。こんなんバリトンやりたくなる。

現役時代はチューバを吹いていたのだが、こう言ってしまうとなんだがチューバより木管低音のが好きである。さらにいうとバリトンよりもバスクラのほうが好きである。

でもセカンドバトルのバリトンは別格。超かっこいい。

 

カレイドスコープ

www.youtube.com

作曲者:R.T.ロレンツ

編成:クラリネット五重奏(Cl.1-4 / B.Cl.1)

木管低音ずるいぞ曲その2。

バスクラの冒頭ソロ初めて聞いたとき鳥肌立った。低音めっちゃ音深いし、フラッターめっちゃ綺麗だしあまりにかっこよすぎる。冒頭ソロ以外もずっとかっこいい。

この動画、実に11年前のもので初めて聞いたのが2012年くらいなのだが、それから未だにカレイドスコープにおけるバスクラの上手さに関してだけ言えばこの音源が一番うまいと思っている。

 

絵のない絵本~第12夜~

www.youtube.com

作曲者:樽屋雅徳

編成:クラリネット八重奏(Es.Cl.1 / Cl.1-3 / A.Cl.1 / B.Cl.1 / Ca.Cl.1 / Cb.Cl.1)

木管低音ずるいぞ曲その3。特にコントラバスクラがずっとぶりぶり鳴っててとにかくかっこいい。これだから木管低音はずるい。

多分吹奏楽でアンサンブルに触れたことがあって聞いたことのある人なら一回は惚れる気がする。そんな曲。

でも編成が鬼のように難しい。アルトクラ、コントラアルトクラ、コントラバスクラをすべて持っている学校は一体全吹奏楽部のうち何%なのだろうか、、、

 

最後に

以上が好きなアンサンブル楽曲となる。

冒頭でも言ったがアンサンブル楽曲にあまり詳しくなく、挙げる曲数も必然的に少ないがそこは許して。

それでは。

新しいワイヤレススピーカーを買った話

どうも、りゅーです。

 

今日、午前中に元々所属している派遣会社の方でミーティングがあった関係で基本的に大阪にいた。

その後いろいろあって解散したのは15:00頃であるのだが、そのまま奈良に帰るのはなんだかな―と思い、なんとなくヨドバシカメラ梅田に向かった。

やはり社会人になってボーナスが入ると財布のひもが緩んでしまうものである。新しいワイヤレススピーカーを買ってしまった。しかも2つ。

以前投稿した記事を書いている時にオーディオ関係で金使いすぎだなー?と思ってたのにこの有様である。治らんかもしれんな、浪費癖。

hcxx.hatenadiary.com

元々持っているLogicoolのZ533(らしきもの)は現在PCモニターに接続して使用しているが、当然寝る前や土日の寝起きに布団の上でだらだらしてる間はPCなんて触っていないため音質は使っているスマホ*1のものとなる。

しかしそれでは寝転がりながら音楽などを大迫力で聞けないではないか。そのためだらだらしてるときに使用するワイヤレススピーカーほしいなあとは前々から思っており、いつか絶対に買ってやろうとは思っていた。まさかこんな早く買うとは自分でも思ってなかったけど。

 

今回購入したワイヤレススピーカーはSONYSRS-XB33である。値段はヨドバシカメラ梅田価格で17000円くらい。会計の時なぜか15500円くらいになってたけどたぶんあれは会員だからかな。

www.sony.jp

今回はこれを2つ購入。元々持ち運びする気はなく基本充電しながら使用するつもりであり、付属のUSB-Cケーブルでは長さが足りないと感じたため、1.0mのUSB-Cケーブルも2つ購入。トータル4つで大体37000円くらいだった。

元々SRS-XB系統はSRS-XB3、SRS-XB13、SRS-XB23、SRS-XB33、SRS-XB43と5つある。

うちSRS-XB3は生産終了、SRS-XB13は店頭に置いてなかったので選択肢は3つとなる*2

www.sony.jp

www.sony.jp

www.sony.jp

www.sony.jp

そしてSRS-XB23、SRS-XB33、SRS-XB43の中でXB23はなんか細いし値段的にもあんま満足できるような音質を得られなさそうであったのでパス。

残りはXB33とXB43であるが、これは重さの問題でXB33にした。重さは以下の通り。

  • SRS-XB33:約1100g
  • SRS-XB43:約2950g

XB43めっちゃ重いのがわかるかと思う。今回使用スピーカーを置くつもりであった場所の耐荷重が5kgであったため今回はXB33を購入したという流れ。

個数に関しては別に1つでもステレオになるっぽいのだが、やはり2つ接続して再生するステレオが好きなので2つ購入。

 

感想としては大満足。めちゃくちゃ音質がいい。どれくらい音質いいかっていうと、夜中に調子乗って爆音で音楽再生したら余裕で隣人から文句言われそうなくらい。うちはそれなりに壁の厚いアパートであるのだが、それでもちょっと不安になる。それくらい音質がいい。

ちゃんと2つセットしてステレオ再生もできる。2つ接続してステレオ再生できる機種だから出来て当然であるのだが、初期不良でできないとかがなくて安心。

設置したらこんな感じ。

これで寝るときなどでも心置きなくいい音を聞くことができる。やったね。

にしてもやはり金使いすぎだなと思うのでさすがに今後はちょっと我慢かな。それでは。

*1:2022/6/24現在 iPhone SE第二世代

*2:SONYのコーナーにあったのが3つだけ。くまなく探せばあったかも。でもあっても多分買ってはなかったと思う。

好きなSCPオブジェクトについて 補足

どうも、りゅーです。

 

先日「好きなSCPオブジェクトについて」というタイトルで記事を投稿した。しかしあの記事内では基本的に用語についての解説も補足も行っていないため、知らない人からすると訳分からない用語がたくさんって感じだと思う。

そこで補足としてこの記事に用語の軽い解説を載せるとする。

注意点

  • 「好きなSCPオブジェクトについて」内に記載はないが、世界観を理解するために必要であると感じた用語も解説している。
  • ものによっては本当に軽くしか解説してないので、詳細な解説を知りたい場合は各自調べて欲しい。

好きなSCPオブジェクトについてまとめた記事のリンクは以下

hcxx.hatenadiary.com

 

目次

 

SCP Foundation / SCP財団

コンテンツとしてのSCP財団について簡単に説明すると「架空の秘密組織であるSCP財団にまつわるストーリーをまとめているサイト」である。

世界観、組織としてのSCP財団について簡単に説明すると「科学では説明できない特性を持つ異常な存在(オブジェクト)を収容している架空の秘密組織」である。

サイトを見ればわかると思うが、このコンテンツは物語のようにストーリーが展開されている訳ではなく、収容しているオブジェクトに対する報告書を通じてストーリーを読み取ったりするものとなっている。

そのため、初心者向けだったりなどの違いはあれどどのオブジェクトの報告書から読んでも全く問題ない。

ちなみにSCPというワードは財団の理念である「Secure(確保)」「Contain(収容)」「Protect(保護)」から来ている。

 

Tale

単語の意味である「物語」そのまま。

報告書が財団内の公式書類であるなら、こっちは財団職員やオブジェクトなどを絡めた物語である。

ものによってはちょっとした小説レベルのものだったり、オブジェクトを真に理解するには不可欠のものであったり様々なものがある。

 

特別収容プロトコル

オブジェクトを収容する際に定める扱い方マニュアルみたいなやつ。ちなみに英語では「Special Containment Procedures」であるため、こちらも略せばSCPとなる。

ちなみに「SCP-○○○」というものは「収容手順○番で管理されるオブジェクト」という意味である。つまり初めて報告書が作成されたオブジェクトであるSCP-173は「収容手順173番で管理されるオブジェクト」ということである。

間違えがちだが、SCPの後に振られる番号は発見順というわけではない。

わかりやすい例を挙げるならばSCP-3000である。このオブジェクトは記憶処理剤に関わるかなり重要なオブジェクトとなっているため、おそらくかなり初期に発見されたオブジェクトであると予想できる。

 

SCPオブジェクト

財団が収容している異常存在のこと。単にオブジェクトと呼ぶこともある。

オブジェクトに似た単語として「アノマリー」や「SCiP」が存在するが違いは以下の通り。

  • アノマリー : 世の中に存在する異常存在全て。基本的にアノマリーは収容対象であるため、同じ意味とされることがある。
  • SCiP : 財団世界におけるオブジェクトの呼び方。オブジェクトというワードはSCPオブジェクト以外にも英単語としてのも使用されるため、このワードが生まれたと思われる。

記事内で見る表現としてはオブジェクトよりもアノマリーやSCiPの方が多いので覚えとくといいかもしれない。

 

メタタイトル

そのオブジェクトの特徴や性質などを端的に表したものと思ってもらって構わない。

基本的に財団職員はそのオブジェクトについてメタタイトルで呼ぶことはない。しかし、SCP-076-2は自分のことをアベルと呼んでいるだけあり、財団職員もSCP-076-2ではなくアベルと呼ぶことも多いことからわかる通り、一部のオブジェクトはメタタイトルで呼んだりする。

 

オブジェクトクラス

そのオブジェクトの収容難易度を表すもの。主に「主要なオブジェクトクラス」「副次的なオブジェクトクラス」に分けることができる。

主要なオブジェクトクラス

ほぼすべてのオブジェクトはSafe Euclid Keter Neutralized Thaumiel Apollyon Archornの7つのうちどれかに属している。

Safe

収容手段が確立されており、しっかり収容さえしていれば安全なオブジェクトに与えられる。

よくSafeのオブジェクトはしっかり管理されている核爆弾と称されることが多い。起動してしまえば大惨事になってしまうものも多くあり、一概に安全というわけではない。当然本当にSafeなやつもあるが。

代表的なオブジェクト

  • SCP-2800「カクタスマン」
  • SCP-343「神」
  • SCP-242-JP「SCP-242-JPの無料体験コースをただいま実施中です。」

 

Euclid

一応収容はできているものに与えられる。

しっかり管理できる特別収容プロトコルが決められるまではとりあえずEuclidにしておくみたいなものもあり、オブジェクトクラスの中では一番多いものとなる。

代表的なオブジェクト

  • SCP-173「彫刻-オリジナル」
  • SCP-049-ARC「ペスト医師」
  • SCP-096「シャイガイ」

 

Keter

収容できているとはいい難く、そして危険度も高いものに与えられる。

基本的にこのオブジェクトクラスが与えられているオブジェクトはどれもこれもチートみたいな能力を持っている。

さらに報告書が作成された時期によって傾向が異なる。

代表的なオブジェクト

  • SCP-682「不死身の爬虫類」
  • SCP-1000「ビッグフット」
  • SCP-2719「内側」

 

Neutralized

無力化されたオブジェクトに与えられるもの。行ってしまえば元SCPオブジェクト。

既に異常性を失ってしまっているものであるため、各報告書には無力化された経緯が書かれている。

代表的なオブジェクト

  • 恩人三部作(SCP-147-JP / SCP-998-JP)
  • SCP-1983(先のない扉)
  • SCP-1595-JP(プレゼン及びターゲッティング不足)

 

Thaumiel

Keter級の異常存在に対して無力化することができるようなオブジェクトに与えられる。財団の切り札とも呼ばれることも多い。

元々主要なオブジェクトクラスではなく、副次的なオブジェクトクラスであったが、該当オブジェクトが増えてきたため主要なオブジェクトクラスとなった。

代表的なオブジェクト

  • SCP-001 - ロジェの提言-Keter任務
  • SCP-1968「世界を包む逆因果の円環」
  • SCP-2000「機械仕掛けの神」
  • SCP-3000「アナンタシェーシャ」

 

Apollyon

収容が不可能であり、なおかつ世界を滅亡に直結するような性質を持つオブジェクトに与えられる。財団の敗北宣言ともとることができるオブジェクトクラス。

Thaumiel同様後から主要なオブジェクトクラスになったもの。

初出はSCP-2317でしばらくはこのオブジェクト専用のオブジェクトクラスだった。

しかしApollyonのオブジェクトが増え、このオブジェクトよりも危険なものが増えたためオブジェクトクラスが変更となった*1

ちなみに日本支部には似たようなオブジェクトクラスとしてAinというものが存在するが、こちらは副次的なオブジェクトクラスとなっている。

代表的なオブジェクト

  • SCP-001 - S.D.ロックの提言
  • SCP-4005「神聖なる天上の中国伝説都市」
  • SCP-4780「ちぢんだ」
  • SCP-6000「蛇、箆鹿、放浪者の図書館」

 

Archorn

収容自体は可能であるが、収容を行うと何か不都合が発生するため、あえて収容を行っていないオブジェクトに与えられる。

こちらもThaumiel、Apollyon同様に副次的なオブジェクトクラスから格上げされたもの。ちなみに格上げされた時期はApollyonと全く同じ。Theumielはもっと前から格上げされている。

代表的なオブジェクト

  • SCP-001 - I.H.ピックマンの提言
  • SCP-1661「グレムリン
  • SCP-4246「海洋偏愛症、あるいは原初の仔の夢」

 

副次的なオブジェクトクラス

主要なオブジェクトクラス以外のオブジェクトクラスのこと。

特殊/物語風クラス群

何らかの理由によりどのオブジェクトクラスもつけることができないものの総称。基本的に記事を読めばなぜそのようなオブジェクトクラスが与えられているのかわかるようになっている。

以下は具体例となっている。

  • Tiamat:SCP-3396「至天蟲」、SCP-5034「肉の天使たち」
  • Dammerung:SCP-2718「その後に起こるのは」
  • Juggernaut:SCP-654-JP「マトリョーシカ
  • Former:SCP-2602「旧・図書館」
  • Glorious:SCP-1561「暴君の託け」
  • None:SCP-2508「長い待ち時間」、SCP-2165「救い難き物」
  • Unclassed:SCP-444-JP「緋色の鳥」*2

 

Explained

発見当初はSCPオブジェクトとして収容されていたが、科学などの発展により異常性が科学的に解明できたものに対して与えられるオブジェクトクラス。

アイテム番号の末尾に-EXを付けられているので見た目での判断はしやすい。

代表的なオブジェクト

  • SCP-1851-EX「ドラペトマニア/逃亡奴隷精神病」
  • SCP-8900-EX「青い、青い空」
  • SCP-014-JP-EX「君のその顔が見たくて」

 

O5評議会

簡単に言うと財団のトップ。12-13人おり、それぞれO5-1、O5-2のように呼称される。

言ってしまえば社長的な感じなので直接オブジェクトに関わることは無いが、危険なオブジェクトに対する最終的な決断をする際に見ることが多い。

 

機動部隊

特定のオブジェクトが引き起こす事件などに対応するためのチーム。

通常のエリート機動部隊のほかにも、死者のみで構成されたチーム(機動部隊オメガ-0("アラ・オルン"))、特定のオブジェクトに対抗するために、そのオブジェクトから出現した人から友好的な人を引き抜いて構成したチーム(機動部隊オメガ-12("アキレウスの踵"))など、多種多様な種類の機動部隊が構成されている。

 

Dクラス職員

一言で言えば財団のモルモット。

オブジェクトの異常性を調べるには実験が不可欠であり、ものによっては非常に危険である。そのような時に駆り出されるのがDクラス職員。

基本的には各地の死刑囚や自殺志願者で構成されていることが多い。

 

誤伝達部門

あまり知名度のない部門ではあるが、向こうの記事内で誤伝達部門管轄のオブジェクトを1つ紹介したためここで紹介。

この部門は「そのオブジェクトの異常性によりまともに報告書が作成できないようなものに対して、真実を推測できるような報告書をつくる部門」となっている。

この部門がかかわるオブジェクトは必然的に直接的な説明はされなくなってしまうため、全体的に難解なものになることが多い。

代表的なオブジェクト

  • SCP-4517「それほどNじゃない」
  • SCP-4428「マイケルズ博士は危険に晒されていません」
  • SCP-5034「肉の天使たち」

 

ミーム

ミーム」という言葉自体はSCP財団というコンテンツ特有の言葉ではなく、現実に存在するれっきとした言葉である。しかし、様々な場面で用いられる用語であるためここではSCP財団で用いられる場合の意味を説明する。

SCP財団で「ミーム」というワードが出た場合、「人間の言動に影響を及ぼすもの」という認識で構わない。従って文化や宗教なんかもミームに含まれる。

このミームがオブジェクトによって違うものに置き換わってしまったり、とあるミームに曝されて強制的に言動に影響がことを「ミーム汚染」だったり「ミーム災害」と呼んだりする。

ちなみに他のものに対して逆に存在を隠させるような性質である「反ミーム」を持ったオブジェクトも存在する。

ミーム汚染を引き起こす代表的なオブジェクト

  • SCP-1561「暴君の託け」
  • SCP-040-JP「ねこですよろしくおねがいします」
  • SCP-2472-JP「Nyankoderoga」(閲覧注意)

ミーム的性質を持つ代表的なオブジェクト

  • SCP-055「正体不明」
  • SCP-3125「逃亡者」
  • SCP-2111「これを読めるなら……」

 

ヒューム値

現実性の強度を示す財団世界内に存在する数値。単位はHm(ヒューム)。普通の現実のヒューム値は1Hm。

ヒューム値が高ければ高いほど現実性の強度は強く、低ければ低いほど現実性の強度は弱い。そしてヒューム値は高い方から低い方に移動して一定にしようとする作用がある。

例えば気圧は気圧の高い方と低い方があると一定にしようとする。その結果低い方に流れ込むのが風である。それと同じイメージだと思ってもらって構わない。

ヒューム値に差があるときに低い方に流れ込むものは「現実」である。つまり高ヒューム値の人が願ったものを「現実」としてまわりに押し付けることができる。

このように高ヒューム値を持ち現実を好き勝手する能力のことを財団世界では「現実改変能力」と呼んでいる。ちなみに過去改変能力を持つオブジェクトもいる。

一応言っておくが、現実世界にヒューム値は存在しない。

 

要注意団体

簡単に言うとアノマリーに関わる財団以外の組織。

財団はアノマリーを確保・収容・保護を目的とした組織であるが、当然他にアノマリーに関わる組織・個人は存在する。それらは今後財団の活動を行うにおいて要注意するべきであるためGOI(Group of Interest)というリストにまとめられている。このリストに書かれている組織が要注意団体となっている。

主な要注意団体は以下の通り

世界オカルト連合

略称はGOC*3。おそらく要注意団体としては最も出現頻度が高い。

立場をわかりやすく表すならライバルである。理念としてはアノマリーをすべて破壊することで世界を守る」

財団と目的は同じだが手法が真逆といってもいいため、GOCが余計な攻撃をすることでオブジェクトが大変なことになったり、逆に財団が収容してオブジェクトが大変なことになったりする。

しかし、目的自体は同じであるためオブジェクトによっては協力体制を敷いたりしている。

ちなみにSCP-1730の世界ではGOCと財団がGOC優勢な形で合併されている。なかなかすごいことになっているためおすすめ。

 

壊れた神の教会

機械で体が構成された「神」を信仰するカルト宗教。

主に「壊れたる教会」「歯車仕掛正教」「マクスウェリズム教会」の3つの宗派に分かれている。

機械系SCPオブジェクトを武力行使で奪い取ろうとするなかなか脳筋な宗教だが、後述するサーキック・カルトに対しては財団、GOCなどと手を組んで対処しようとしている*4

 

蛇の手

財団的には「人型SCPオブジェクト」に分類するであろう人間たちで構成されている小規模な組織。小規模であるが、財団のセキュリティを突破してきたりするすごいやつら。

人型アノマリーであればとにかく収容しようとする財団や、とにかく殺害しようとするGOCとは仲が悪い。特にGOCとは仲が悪い。

構成員がアノマリーであるからか、財団とはことなり一般社会にアノマリーの存在を認知させようとしている。

 

Are We Cool Yet?

アートテロリスト集団。AWCY?と略されることも多い。

彼らが作成したアノマリーのどこかに「Are We Cool Yet?」と書かれていることが多い。

 

サーキック・カルト

サーキシズムという教義により腐肉、疫病を崇拝対象としているカルト宗教。

教祖は「崇高なるカルキスト・イオン」であり、様々な儀式的魔術、異次元空間の操作も行うとされている。

構成員は基本的に人間卒業しており、ものによっては人間1人がオブジェクトクラスKeterクラスとされることもある。

各構成員の戦闘力の高さ、その悪質な性質により要注意団体の中でも最強クラスの危険性となっている関係で「世界全ての敵」とされることも多い。

SCP-2217では財団とGOC、境界線イニシアチブ、壊れた神の教会という4つの組織の連合VSサーキック・カルトという構図での最終決戦が始まるのではないかとされている。それほど強大な、かつ厄介な組織となっている。

 

日本生類総研

日本が誇るマッドサイエンティスト集団。異常存在を作りだしてそれを売買して利益を出している。

生み出す異常存在は世界を滅ぼしかねないレベルのものも存在しており、しかもそれの保管に失敗して結局世界の危機につながったりしている。

 

酩酊街

とある異空間に存在する街。存在理念は「酩酊」「忘却」「停滞」。過去を忘れてただひたすら酒を飲みぼんやりとした幸福感に浸り続ける街。

酩酊街が作成するオブジェクトは危険性の高いものは比較的少なく、そしてメッセージカードが添えられていることが多い。そのメッセージカードの末尾には「酩酊街より 愛を込めて」と書かれている。

 

如月工務店

日本生類総研クラスにやばいオブジェクトを量産する組織。そしてこの構成員は酩酊街から袂を分かったものと推察されている。

如月工務店は他の依頼されたものに対して善意とも悪意ともとれる方法で改造を施す性質もあり、その性質が果てしなく厄介となる。

具体例を挙げるとすればSCP-619-JPだろう。このオブジェクトはある過疎の村に対して「永遠に残す」という名目で「村の住人と村をそのまま永遠に閉じ込めてしまう」というものである。このように依頼を歪曲して解釈するのが如月工務店の特徴。

ちなみに彼らが使う「建材」には「人間」も含まれる。人柱として使うほかにも、金属などに置換したりもしている。

 

他にも要注意団体は挙げればきりがないレベルで大量にいるため、それぞれ調べてみるといい。

 

まとめ

以上がSCP Foundationにおける用語の解説である。

これ以外にもいろいろ用語は存在するが、以上の単語を軽くでもいいので把握しておくと読みやすさが代わってくると思われる。

 

*1:現在は以下の通りとなっている。

オブジェクトクラス:抹消

特別アクセス指定:CODE NIGHTMARE REGENT RED

特別収容プロトコル:無意味

*2:オブジェクトクラスを付けてしまうと被害が拡大するためオブジェクトクラスを付けることができない。したがって報告書内ではオブジェクトクラスは付けられていない。

*3:The Global Occult Coalitionの略

*4:SCP-2217参照

好きなSCPオブジェクトについて

どうも、りゅーです。

 

自分はSCP Foundationというものに定期的にハマっている。

SCPオブジェクトの種類は非常に多く*1さすがにすべての記事を読めているわけではない。しかし好きな記事は当然いくつか存在する。

そこで今回は好きなSCP記事について書いていきたい。

また、リンクは本家記事を載せている。削除済みの記事についてはアニヲタWikiの記事を貼っている。気になった人は読んでみるといい。

 

留意点

  • オブジェクトクラスにおいて主要なオブジェクトクラス*2以外のオブジェクトクラスが割り当てられている場合は太字としている。
  • 基本的には本家記事に書かれているオブジェクトクラスを表記しているが、一部そうでないものもある。

 

それぞれの用語の解説的なものは以下

hcxx.hatenadiary.com

 

 

SCP-EN

SCP-ENは財団本部記事のこと。

SCP-1739

オブジェクトクラス:Keter

メタタイトル:もう使わないラップトップ

 

もう使われることはないラップトップ。決して使ってはいけない。

ラップトップにはウィンドウが以下の3つ存在する。

  • ウィンドウ1:日付入力
  • ウィンドウ2:チャット画面
  • ウィンドウ3:犬小屋につながれた犬と女性のCGアニメーション

このオブジェクトの流れは以下の通りとなる。

  1. ウィンドウ1に日付を入力する。その後入力した人物が消失する。
  2. ウィンドウ2には「Isaac」というユーザー名が出てくる。「Isaac」は消失した人物本人。ちなみにこちら側のユーザー名は「BranchPrime」。
  3. ウィンドウ1に日付を入力すると、ウィンドウ3の中で女性が犬を開放してボールを遠くに投げる。
  4. ウィンドウ2の中でコミュニケーションをとることができる。しかし3日から7カ月の間のどこかのタイミングでチャットが切断されてしまう。
  5. 切断された後、犬がボールを持った状態で戻ってきてボールを投げ捨て、女性がまた犬を犬小屋に繋ぎなおす。

詳しくは「Isaac」とのチャットになぜこのオブジェクトがKeterなのか、という部分が書かれてあるが、非常に長い。ぜひ記事を読んでこのオブジェクトの恐ろしさを感じてほしい。

記事を読んで少し考えればこちら側も「ボール側の世界」である可能性がある、ということがわかると思う。

 

SCP-1422

オブジェクトクラス:Neutralized // Phenomenon(補遺1422-3を参照)

メタタイトル:イエローストーンの怪

 

アメリカにある世界遺産、そして世界初の国立公園であるイエローストーン国立公園に関するオブジェクト。

異常性はただ一つ。財団職員がイエローストーン国立公園を認識できない。これだけ。

イエローストーン国立公園の存在を財団職員に知らせればこの異常性は何ともないため、全職員に通知してこのオブジェクトのオブジェクトクラスはNeutralizedとなった。

 

SCP-2000

オブジェクトクラス:Thaumiel

メタタイトル:機械仕掛けの神

 

SCP-2000コンテスト優勝記事。

このオブジェクトは世界の再構築を行うことができる機械というめちゃくちゃな代物。そのため当然オブジェクトクラスはThaumielだし、こんなオブジェクトを財団職員含めてみんなに知らしめるわけにもいかないからそのカバーストーリーとしてSCP-1422がある。

またSCP-1422、SCP-2000の前日譚として「マリアナ海溝から回収された文書」というTaleも存在している。

世界の再構築を行うというまさに「機械仕掛けの神」。しかしこのオブジェクトには隠しメッセージがあり、そのメッセージを読みそれを考察するとこのオブジェクトのメタタイトルである「機械仕掛けの神」の意味が違ったものに見えてくる。

 

本当にこのオブジェクトは現在存在する人類の味方なのか?

 

ちなみにこのオブジェクトはSCP-ENのものであるため、メタタイトルの「機械仕掛けの神」というのは翻訳されたものとなっている。

原作であるSCP-ENの記事のメタタイトルは当然「Deus Ex Machina」である。これは元々古代ギリシア古典演劇における演出技法のひとつ。パズドラなどでデウス・エクス・マキナなども存在するため名前自体は知ってる人もいると思う。

【Tale:マリアナ海溝から回収された文書】

 

SCP-2217

オブジェクトクラス(バージョン1):Euclid

オブジェクトクラス(バージョン2):Euclid

オブジェクトクラス(バージョン3):Uncontained

オブジェクトクラス(現バージョン):Thaumiel

メタタイトル:鎚と鑕

 

SCP-2217はギリシャのある島にある浜辺全体。このオブジェクトはオブジェクトクラスの推移からもわかると思うがめちゃくちゃややこしい経緯をたどっている。

簡単に言うと財団&世界オカルト連合&境界線イニシアチブ&壊れた神の境界VSサーキック・カルトという世界の存亡に関わる最終決戦に関係するオブジェクトである。

ストーリーを辿るだけでもめちゃくちゃアツいSCPであるため、要注意団体などの世界観がわかってきたときに読むと非常に面白い。おすすめ。

 

●● | ●●●●● | ●● | ●

オブジェクトクラス:Keter

メタタイトル:●● | ●●●●● | ●● | ●

 

まずは記事を見てほしい。そしてどういうオブジェクトか考察してみてほしい。ここではあえて解説はしないでおく。

このオブジェクトは【500語以内でSCPを完成させる】というテーマのコンテストでの優勝作品である。まさに発想の勝利。

ちなみにオブジェクトナンバーはSCP-2521である。

 

SCP-2718

オブジェクトクラス:Unclassed

メタタイトル:その後に起こるのは

 

人間が死んだらどうなるのか、という疑問はだれしも持ったことはあると思う。このSCPはそんな疑問の答えの一つに触れている。

SCP-2718はその答え自体ではなく、その答えから発生する情報災害である。通常の情報災害系のオブジェクトとは異なり、自己拡散するような性質もあるため財団はオブジェクトクラスを定めず、情報を完全に封じ込めている。

先ほどの疑問に対しての解答はぜひ記事を読んでもらいたい。否定したいが誰も経験したことがないため否定できない、そんなことが書かれている。

 

SCP-2959

オブジェクトクラス:Keter-potissimi

メタタイトル:かつての我らとその使命

 

オブジェクトクラスの意訳は「最大の懸念」となる。

SCP財団に雇用されているDクラス職員は基本的に各国の死刑囚などである。しかし、いくら世界中の死刑囚を集めているにしては雑に扱いすぎと思ったことはないだろうか。このSCPはその疑問への解答の1つとなる。

SCPの記事を書いている人や読んでいる我々などSCPというコンテンツを楽しむ人すらもこのSCPの影響を受けているかもしれない。

 

SCP-3001

オブジェクトクラス:Euclid

メタタイトル:レッド・リアリティ

 

SCP-3000コンテスト第二位となった記事。

財団世界では「スクラントン現実錨(SRA)」という超便利なアイテムが存在している。そんなRSAの原型の開発者であるロバート・スクラントン博士に関係するオブジェクトである。

SCP-3001は瞬間的なクラス-C"ブロークン・エントリー"ワームホールの生成を通じてアクセス可能となる逆説的な並行/ポケット"非次元"。簡単に言うと異空間である。この空間の中はほぼ真空であり、ヒューム値という値が非常に低いという特徴がある。

このオブジェクト自体はそこまでこわかったりえぐかったりしないのだが、ロバート・スクラントン博士が残した記録がとてもえぐい。全SCPの中でもトップクラスのえぐさだと思っている。

えぐい話が好きな人はぜひ読んでほしい。そしてロバート・スクラントン博士の勇姿を見ていってほしい。

 

SCP-3007

オブジェクトクラス:Keter

メタタイトル:二人の芸術家の世界

 

SCP-3001同様SCP-3000コンテスト参加作品。

知ってはならない、知った時点で手遅れというオブジェクトといえばSCP-444-JPが挙げられる。あとはSCP-444-KOなどもある。このオブジェクトも同様に知ってしまった時点で手遅れとなるタイプのオブジェクトとなっている。

メタタイトルからも察することができると思うが、このオブジェクトには複数枚絵画が登場する。そしてこのオブジェクトはその絵画がとても重要な意味を持つので詳しい概要はぜひ本家記事を読んでもらいたい。

簡単に言うとSCP-3007は常に世界中の何十人かに影響を与えている幻覚である。各幻覚は50-80分であり、それが1日4回発生する。そしてその幻覚から呼び戻すためには対象者の殺害しかない。

ちなみにこのオブジェクトに出てくる絵画は全て筆者が描いたものらしい。才能があふれてる。

 

SCP-3519

オブジェクトクラス:Keter(Neutralized)

メタタイトル:静かなる日々

 

財団が敗北を喫した数少ないSCP。

このオブジェクトは「2019年3月5日に世界の終わりが来るから、それが訪れる前に自殺をするのが望ましい結末である」という情報を各メディア媒体によって感染するミーム災害となっている。

ミームの内容も相当に危険なものであるが、さらにこのオブジェクトは世界の終わり方に対するミームは含まれていないのでミームに感染する条件がとんでもなく緩く、そのせいでものすごい勢いでミームが拡散されていく。

どのようにして世界が滅亡していったのか、なぜこのオブジェクトのオブジェクトクラスがかっこ付けでNeutralizedとなっているのか、これらは記事を読むとわかる。絶望感強い作品が好きな人にはおすすめ。

 

SCP-3999

オブジェクトクラス:Apollyon→Neutralized

メタタイトル:私は私に起きること全ての中心にいる

 

まずは記事を読んでほしい。おそらく困惑する人が大半ではないか。

この記事はSCP-3000コンテストに記事を出そうとしているこちら側の世界のSCPwikiメンバーの苦悩によって振り回されている様子である。つまりSCP-3999は「SCP-3000コンテストに記事を出そうとしているこちら側の世界のSCPwikiメンバー」ということになる。

取り消し線だらけであるため非常にわかりにくいが、よく読んでいると財団世界の登場人物であるタローランがこちら側の世界のメンバーの存在に気付いている。

いっそのことこのままSCPとして出してしまおうと思ったその発想は非常にすごい。結果記事が大変なことになっているのだが。

 

プロトコル4000-ESHUに基づき制限されています。

オブジェクトクラス:Keter

メタタイトル:禁忌

 

SCP-4000コンテスト優勝記事。

このオブジェクトは通常とは異なる空間に存在するエリア。この場所に行くためにはとある儀式をしなければ行くことができない。このエリア内ではとあるルールがあり、そのルールに従わなければ大変なことになる。

記事を読めばわかると思うが、不思議生命体だったり出入りする穴だったり地面に線上に存在している泥だったりやけに回りくどい表現が多い。そしてオブジェクトナンバーも制限されている。ここからルールの一つは見えてくるのではないだろうか。

ルールを破ってしまうとどうなるのか、どのような結果となるのか、記事を読んでもらいたい。なかなか読みにくくなっているが読み応え、考察しがいのあるものとなっている。

 

SCP-4517

オブジェクトクラス:Safe

メタタイトル:それほどNじゃない

 

誤伝達部門の記事のうちの一つ。

SCP-4517はとあるアパートの一室のバスタブの中にある「何か」。

長さ170cm重さ55kgということはわかっているが、ではそれが何なのかと問われると答えられない、そういう異常性を持っている。

このオブジェクトの正体は記事を読んで考察を行えば比較的容易にわかるためぜひ考察してほしい。

 

SCP-6000

オブジェクトクラス:Keter

メタタイトル:蛇、箆鹿、放浪者の図書館

 

SCP-6000コンテスト優勝記事。

ブラジル、アマゾン熱帯雨林に出現したとある異常空間。報告書執筆時点でこの異常空間の範囲は全長19kmとなっている。そして不定の速度で拡大している。

「道」という俗称で知られているクラス-W転移ゲートウェイの一種で、この異常空間の先は「放浪者の図書館」となっている。

この記事は大量の補遺を読んでどのようなものか読み解くタイプのSCPとなっているためここでは概要は紹介しないこととする。ここに書くと記事の文字数が+10000文字くらい行きそうだし。読みたい人は読んでみるといい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SCP-6000

オブジェクトクラス:Apollyon

メタタイトル:蛇、箆鹿、放浪者の図書館

 

SCP-6000コンテスト優勝記事。

ブラジル、アマゾン熱帯雨林に出現した、「放浪者の図書館」として知られている異空間の一部へと変化した地域。報告書執筆時点でこの異常空間の範囲は西半球全体、地表の58%となっている。そして不定の速度で拡大しているが、あと2週間程度で地球全体を覆う見込みとなっている。

あまりに広範囲に成長してしまったため、財団とGOCにはどうすることもできない。つまり収容に失敗してしまっている。世界の終焉から逃れることができなくなってしまったため、オブジェクトクラスをKeterからApollyonに格上げされた。

この記事は大量の補遺を読んでどのようなものか読み解くタイプのSCPとなっているためここでは概要は紹介しないこととする。ここに書くと記事の文字数が+10000文字くらい行きそうだし。読みたい人は読んでみるといい。

 

SCP-8900-EX

オブジェクトクラス:Keter→Explained

メタタイトル:青い、青い空

 

財団が敗北宣言を出した唯一ともいえるオブジェクト。

色の見え方に関するオブジェクトである。

Explainedというオブジェクトクラスは「現在の主流科学で説明できる、虚偽や錯誤によるもの、または公に流布されて収容不可能なほどに広まってしまったもの」に対してオブジェクトナンバーの末尾に-EXとつけることで割り当てられるかなり特殊なオブジェクトクラスとなっている。

ぜひ読んでほしい。この現実世界で人間が見ている色というのは本当に正しい色であるのか、そういうところまで考えさせてくれる傑作だと思う。

 

SCP-JP

SCP-JPは財団日本支部の記事のこと。

SCP-280-JP

オブジェクトクラス:Safe

メタタイトル:縮小する時空間異常

 

吸い込んだものの質量に比例して大きさが小さくなる、そして吸い込んだ分だけ大きさが小さくなるブラックホール

このオブジェクトに関しては解説記事や解説動画よりも本家記事を読んでもらいたい。このオブジェクトをなぜお勧めしているのか、ということがよくわかると思う。

 

SCP-444-JP

オブジェクトクラス:Unclassed

メタタイトル:緋色の鳥

 

日本支部産オブジェクトであるが、全オブジェクトを含めてもトップクラスにやばい超有名オブジェクト。ちなみに自分が一番好きなオブジェクトでもある。

とある文章を読み上げると精神世界に飛ばされてしまってとある赤い鳥に襲われて精神世界上で殺されてしまうというもの。精神世界から現実世界に帰るためには非常にめんどくさいことを精神世界上で行わなければならない。

しかし読み上げなければいいので簡単に収容できるね!ってことで収容している。

Unclassedというオブジェクトクラスは「Unclassed」というクラスではなく、オブジェクトクラスを付けてはならない、つけてしまったら世界が終わりかねないためオブジェクトクラスを付けられていないという意味である。

このオブジェクトクラスになった経緯については記事を読んでもらいたい。

 

あやしけ やなげ 緋色の鳥よ くさはみ ねはみ けをのばせ

 

SCP-511-JP

オブジェクトクラス:Safe

メタタイトル:けりよ

 

傑作民族ホラー。

SCP-511-JPはホームビデオのようなものが録画されているビデオテープ。再生中に不自然なノイズや映像が入る。

このオブジェクトの怖さもなかなかであるのだが、「しんに」というTaleもあり、それを読むと怖さが倍増する。

作者の圧倒的な民俗学の教養が日本のホラー特有の怖さを完全に引き出しているため、ジャパニーズホラーが得意な人はぜひ読んでほしい。

【tale : しんに】

 

SCP-544-JP

オブジェクトクラス:Euclid

メタタイトル:孤独な放送室

 

SCP-JPが誇る傑作。基本的に実験要員として扱われることの多いDクラス職員だが、そんなDクラスが大活躍するオブジェクト。

SCP-544-JPは■■県にある廃デパート。デパート内部に入ると3分毎に少女の声で迷子の呼び出しが入る。放送の内容は基本的に「お知らせです。Aさん、Bさんがお待ちでした。」のような形。

そしてその放送が入るとAさんとBさんは侵入者のことを忘れてしまう。さらに特定の個人名というわけではなく「友達」や「家族」のような形で指定をすることもある。

このようなオブジェクトがなぜ傑作なのか。どのようにしてDクラス職員が活躍をするのか。それはぜひ該当記事を読んでほしい。そして後日談に当たるTaleである「進路相談」も読んでほしい。

【tale : 進路相談】

 

SCP-548-JP

オブジェクトクラス:Safe Neutralized

メタタイトル:歌う雨音

 

雨が当たると雨音ではなくピアノの音に変わるという異常性をもつ傘。旋律はショパンの「練習曲作品10第3番ホ長調(別れの歌)」となっている。

オブジェクトクラスがNeutralizedになっていることからもわかる通りすでに無力化されたものとなっている。

無力化された経緯、この傘が異常性を持つことになったとある事件、すべてにおいてしんみり、感動いろいろな感情が生まれてくる。名作なので知らない人はぜひ読んでほしい。

 

SCP-654-JP

オブジェクトクラス(補足-B):Euclides Kether Juggernaut

オブジェクトクラス(補足-C):Euclides Malchut Juggernaut

オブジェクトクラス(データ破損):Euclid Juggernaut

オブジェクトクラス(補足-E):Eukleides Juggernaut

メタタイトル:マトリョーシカ

 

本家記事を見てもらうとわかるが、このオブジェクトは4枚の報告書で構成されている。

SCP-654-JPはとある新興宗教の礼拝堂の上空に発生する空間異常。これに関しては4つの報告書それぞれで共通となっている。

4枚の報告書でそれぞれ差異があるため残りは本家記事参照。しかし本家記事だけ読んで理解できる人は恐らく大天才か元ネタの存在に気付いた人だけだと思われる。

そのための救済処置(?)として「梨枝博士の報告書」という形で筆者本人の解説が本家記事の中にリンクが存在している。詳しい解説もそちらを参照してほしいが、元ネタは「地球空洞説」というものであり、これについて理解するとこのオブジェクトの恐ろしさ、オブジェクトクラスの意味(Juggernaut:絶対的な力、不可抗力的なもの)がわかると思う。

また、各報告書に書かれているEuclides Eukleides Ketherについては恐らくであるが基底世界(財団世界)におけるEuclidとKeterに当たるものと思われる。Malchutに関しては元とされるオブジェクトクラスが特に見当たらなかった。副次的なオブジェクトクラスにあたるものではないかと思われる。

 

SCP-1682-JP-DEL

オブジェクトクラス:Euclid

メタタイトル:救難信号

 

オブジェクトナンバーにある「-DEL」はすでに削除されてしまったもの。削除された理由としては作者(AliceHershey氏)が活動引退したため。

財団が所有している船舶になかに存在する4つのポータル。これらはそれぞれ同じ平行世界につながっており、そちらの世界にも財団は存在している。

ポータルは全て封鎖されており、その封鎖されているポータルを空けることが現在の特別収容プロトコルとなっている。

 

SCP-001-JP

オブジェクトクラス:Chesed

メタタイトル:死の死

特別収容プロトコル今はただ、蓋を壊してください。

 

SCP-1682-JPに隠されたこのオブジェクトの本当の姿。

この世界では「死」という概念がない、つまり誰も死なない誰も殺されない。誰も殺すことができない。しかしポータルの先にある平行世界では死ぬことができるということが判明してしまった。そしてこちらの世界と平行世界の生死はリンクしている。

「死」というものがないこの世界では負傷した場合も各種装置をもちいて延命を行うことになる。どれだけひどい怪我をしても死ぬことはない。そんな世界で死ぬ方法が判明したらどうなるか。ある意味世界の救世主的な立場になるのも無理はない。

ではなぜポータルは閉じてしまっているのか。

理由は明白で平行世界の住人からすれば何もしていないのに、こちらの世界の人のせいで勝手に死んでいくのである。迷惑もいいところ。そんな状況であればポータルを閉じてしまうのも無理もないだろう。

ちなみに普通の記事で描かれている世界観は「死」の概念は存在する。よってややこしいが平行世界の財団が基底世界の財団で、こちらの世界の財団が平行世界の財団となる。

オブジェクトクラスのChesedはヘブライ語で神の慈悲のような意味らしい。異常性的にもThaumielのようなオブジェクトクラスとされている。しかし、向こう側の世界ではNeutralizedらしい。封鎖しているから当たり前ではあるが。

 

もう削除されているオブジェクトであり、すでに別のSCP-1682-JPが登録されているのでもう「救難信号」と「死の死」の記事を読むことができない。注意。

 

SCP-1686-JP-DEL

オブジェクトクラス【前提】:Safe Neutralized

オブジェクトクラス【変動】:Euclid

オブジェクトクラス【予定調和】:Keter

オブジェクトクラス【焼却】:不明

メタタイトル:変動、或いは焼却されるべき未来

 

オブジェクトナンバーにある「-DEL」はすでに削除されてしまったもの。削除された理由としては作者(AliceHershey氏)が活動引退したため。

完結に言うと、未来シミュレーターのようなものとなる。正確にはこのオブジェクトでシミュレートした結果になるように未来改変を行うオブジェクトである。

【前提】【変動】【予定調和】【焼却】の4つは別の世界となっており、年代としては【焼却】から【前提】に向けて古くなっている。

概要を話すと果てしなく長くなり、さらにややこしくなってしまうのでここでは記さない。解説記事や解説動画を見てほしい。

絶望的未来から抜けだすことはできない。

 

SCP-1690-JP

オブジェクトクラス:Ain

メタタイトル:トン*3あるいはウロボロス

 

世界を滅ぼすことが確定しており、財団にはどうすることができないオブジェクトというのはSCP-2317を筆頭にいくつかある。しかしこのオブジェクトはそんな奴らでも太刀打ちできないレベルでやばい。なぜならこちらは宇宙を消滅させるオブジェクトだから。

このオブジェクトはヘラクレス座・かんむり座グレートウォールとしてその一部が観測可能となっている不明な規模の広がりを持つ平坦トーラス平面である。イメージしにくい人は本家記事を見ると概念図が書かれているため見るといい。超簡単に言うと宇宙を飲み込んでいる境界面である。

この境界面に呑み込まれたものは文字通り完全に消失しており、さらに空間を呑み込むスピードが光速以上となっている。これらの理由によりどれほど宇宙がこのオブジェクトに呑み込まれているかは不明。

現在このオブジェクトに対する解決案は3つあるがそのうち1つは会議で却下、残り2つの解決案についても両方成功できない説が濃厚であるため、このSCP-1690-JPから逃れることは実質的にできないという状況となっている。

 

SCP-2000-JP

オブジェクトクラス:Thaumiel

メタタイトル:伝書使

 

SCP-2000-JPコンテスト優勝記事。

SCP-3519と同時期にこのSCPの収容物語は進む。そのためSCP-3519を知っておくとこのSCPのストーリーの裏で何があっていたのかがわかると思う。

簡単に言うとインターネット上に存在する犬。その犬にチャットや音声認識で指示すればデータを取りに行ってくれる。セキュリティに保護されている場所の中にお求めのものがあってもそのセキュリティを貫通して取ってきてくれる。

本家記事の演出、記事の物語どれをとっても傑作といっても頷けるものとなっており、十分感動できるものとなっている。知らない人はぜひ読んでほしい。犬ってかわいいよね。

 

SCP-2513-JP

オブジェクトクラス:Keter(Neutralized)

メタタイトル:せめて、財団らしく

 

いくつかある特性上収容が不可能となるオブジェクトのうちの一つ。

人間の死後超低確率で発生する現象であり、その死んだ人間が最後に願うことに対して規模が小さいながらも現実改変を起こして叶えてくれるというものである。

人間の死後にしか発生しない現象であるため普通は報告書を書くことができない。ではなぜ報告書が残っているのか。つまりはそういうことである。その結果のこのメタタイトルである。

 

その他支部

SCP-050-KO

オブジェクトクラス:Keter Fuck you KETER!

メタタイトル:SCP-050-KOに関する件

支部名:SCP-KO(韓国支部

 

オブジェクトクラスで不愉快な気持ちになった人は記事を読まない方がいいかもしれない。

オブジェクトクラスからもわかるかもしれないが、SCP-050-KOとされているとある黄色人種の女性をいじめている様子を書いた報告書のようなもの。記事の体裁に沿ってはいるが、内容はただただ胸糞悪く、苦手な人は本当に苦手であり、シンプルに閲覧注意なオブジェクト。

一応記事内にある添付資料に正しい体裁で書かれた、正しい報告書が存在している。「いじめがエスカレートしていく様子」というものをテーマに作成されたSCPである。

当たり前だがどんな理由であれいじめダメ、ゼッタイ。

 

SCP-CN-756

オブジェクトクラス:Euclid Keter

メタタイトル:数字の本

支部名:SCP-CN(中国支部

 

このオブジェクトはメインタイトル「一から不可説不可説転」、サブタイトル「よくわかるヒンディーの数量単位」となっている一冊の本である。

このオブジェクトについては以下の通り

  • 1ページずつでしか開くことできない。また、途中のページを直接開くことはできない。
  • 本の破壊はできない。
  • 目次は一、十、百、千と続いていき、最後はヒンドゥー教において最大の数である不可説不可説転*4となっている。
  • 左ページには「数字」「助数詞」「対象」という形で中国語で文章が書かれている。右ページは白紙。
  • 目次以外のページを開いた場合、左ページに書いているものが実際に出現する。例:一のページに一匹の馬と書かれていた場合、実際に一匹の馬が出現する。
  • 開いてしまった後はそのページに異常性を持たない

元々Euclidだったが、数が大きくなるたびに被害が大きくなるため実験凍結、オブジェクトクラスをKeterに格上げとなった。

実験では「万」まで開かれていたが、とある事件により現在「兆」まで開かれている。それぞれどうなったのかは記事を読んでほしい。特に「億」と「兆」があまりにひどすぎる。

 

特殊なもの

SCP-001

SCP-001というオブジェクトナンバーはかなり特殊なものである。SCP-001以外のオブジェクトに関しては「このオブジェクトナンバーはこのオブジェクト」という風に1対1で対応しているのだが、このSCP-001に関してはそのように1対1対応していない。

世界観的な話をするとSCP-001の報告書を執筆したのはクレフ博士ということになっている。

しかし機密情報漏洩対策のために、クレフ博士を始め複数の財団職員や博士が複数のダミー報告書をたくさん提出している。これらは実際にサイトに収容されているか分からないし、そもそもSCP-001というオブジェクトが存在しているかどうかすら不明となっている。

メタ的な話をするとSCP-001というオブジェクトナンバーは特殊であるため、みんなそれについての報告書を書いてしまう。ならいっそ全てSCP-001ということにしてしまおう、ということになりこのような体裁となっている。

基本的にSCP-001の各報告書名は「○○の提言」という形となっている。提言という部分をとって各報告書のことを「提言枠」と呼ぶことも多い。

以上がSCP-001の簡易的な解説であるが、これは各支部のSCP-001についても同様である。そのためSCP-001-JPやSCP-CN-001、SCP-001-KOなど現在支部に投稿されているSCP-001には提言枠が必ず存在する*5

本家と各支部のSCP-001提言枠へのリンクは以下の通り。

基本的に日本語翻訳されているもののリンクを貼っているが、提言枠のうち過半数が未翻訳の場合は現地支部サイトのリンクを貼ってある。

 

【SCP-001】本部

【SCP-001-JP】日本支部

【SCP-001-KO】韓国支部

【SCP-CN-001】中国支部

【SCP-001-FR】フランス支部

【SCP-001-RU】ロシア支部

【SCP-ES-001】スペイン支部

 

最後に

以上が個人的に好きなSCPオブジェクトである。

削除されているオブジェクト以外に関しては本家記事のリンクを載せたのだが、ものによってはアニオタWikiなどの解説記事やYoutubeにあがっている解説動画を見た方がわかりやすいときもある。そこは人それぞれ。

ちなみに現在理解したいな、気になっていて理解するのに時間がかかりそうだなとなっているオブジェクトは以下の通り

  • SCP-2510-DEL 我らの壊れたる救済
  • SCP-3480 オリンポス山
  • SCP-5000 どうして?
  • SCP-CN-2000 カオス理論

かなり長くなってしまったが、今後もなにか書きたいことがあれば書こうかなと思う。それでは。

*1:本部、支部すべて合計すると10000種類を軽く超えるとされる

*2:Safe Euclid Keter Neutralized Thaumiel Apollyon Archonの7種類

*3:漢字では犭貪。一文字なのだが変換方法がわからなかった。

*4:約10の37澗乗。ちなみに無量大数は10の68乗

*5:SCP-1682-JP-DELに存在するSCP-001-JP提言枠は亜財団の提言枠である。そしてあくまでSCP-1682-JP-DELに付随するものであるため、SCP-001-JPの記事の提言枠一覧には書かれていない

使用しているオーディオ機器について

どうも、りゅーです。

 

今回は現在使用しているオーディオ機器についてまとめていきたい。

今使っているものはいずれも個人的にいいと思っているものなので、いいもの買ってみたいなぁと思っている人は参考にするといいことがあるかも。

しかし使用しているものはいずれもそれなりに高価なものである。比較的安価なものを欲している人は参考にならないかもしれない。

各項目には製品ページのリンク張ってるので気になった人は見に行ってほしい。生産終了しているものもあるかもしれない。その時はゆるして。

 

目次

 

ウォークマン NW-ZX507

www.sony.jp

メーカー:ソニー

DAP(Disital Audio Player)のなかでも超有名なシリーズであるウォークマンの機種。値段は大体90000円くらいだった。

割と最近のDAPであるため、Androidが搭載されている。そのためApple Musicなどのサブスクでも音楽鑑賞ができる。ついでにWiFi接続時のみ通話ができないスマホみたいに使うこともできなくはない。

スマホで音楽を聴くのがかなりお手軽であるため、通退勤や日常生活では使い勝手のいいスマホ、帰省するときのような時間のかかる大移動の際にこれを使うって感じで使い分けている。

やはりスマホで音楽聞く時よりも音質はいい。でも充電の持ちが思ったよりも悪い気がするので、それさえ克服できれば本格的にずっと使っていけるものになっていたかもしれない。

 

BTR3K FIO-BTR3K-B

www.fiio.jp

メーカー:FiiO

有線イヤホンを無線接続するときのBluetoothレシーバー。基本的に同価格帯のワイヤレスイヤホンと有線イヤホンでは有線イヤホンのほうが音質がいい。その音質を無線化したいと考えて購入した。値段は大体9000円くらい。

後述するとあるワイヤレスイヤホンを購入する前までは家で音楽を聴く際によく使用していた。

地味に助かる点としてイヤホンして通話しているときにスマホを充電したいってなった時に便利。イヤホンを付け替える作業もなくなるため本当に地味であるが助かる。

やはり無線というものは偉大で、スマホに引っ張られて耳からイヤホンが抜けたりすることがなくなるのがとてもストレスフリー。そんでもって音質は有線イヤホンそのものである。ワイヤレスイヤホンの音質ちょっとな~って考えている人はこの機種に関わらずBluetoothレシーバーを買ってみるといい。

 

Z533

www.logicool.co.jp

メーカー:Logicool

PCにつないで使用しているスピーカー。後述する理由の関係で型式は不明であるが、見た目的にも発売された年代的にもこの製品であると考えられる。Amazonでページが見つかんなかった。

大学2年のときに同じアパートに住んでいた別の大学の友人から、本州のほうに引っ越すけど、箱をなくしたからタダであげるよって言われてもらったもの。タダでもらったにしてはめちゃくちゃ音がいい。本当にどうしてこれをタダでもらえたのかわからない。奇跡。

主に音が出るスピーカーが左右で別れているため、ステレオ音源の場合は当然立体的な音になる。さらに主に重低音を担当する大きいスピーカーのおかげで低音が響くような音楽を流すととても感動する。

 

ATH-M50xBT

www.audio-technica.co.jp

メーカー:Audio-technica

有線無線共用ヘッドホン。値段は大体25000円くらい。

モニターヘッドホンというものがほしい!って思って何がいいかなとなって調べていたところこれいいなと思ったので購入。

ATH-M50xBT2がモニターヘッドホンとしてかなり有名となっている印象があるが、こちらもめちゃくちゃ音がいい。ありのままの音をそのまま出してくれるため、ロックやバンドサウンドも問題なく綺麗な音を出してくれる。

有線と無線を切り分けれるのも便利で、音ゲーするときは有線、何か作業をするときは無線と場面で快適な方を選択できるのがとてもいい。

ATH-M50xBT2と機能的な違いは有線無線共用であるかどうかでどちらも使うよ!って人はぜひ。

 

CR-V1

artio.co.jp

メーカー:Artio

かなり独特なシステムを採用している有線イヤホン。値段は35000円くらい。

元々1万円くらいのイヤホンを使用していたが、断線してしまったので思い切って高いやつを買った。全く後悔はしていない。

独自技術であるWARPシステムを使用して独特な音の広がりを表現している。コンセプトが「スピーカーのような音をイヤホンで再現する」らしく、それは達成できていると感じる。

音としては低音よりかは高音のほうが主張の強い形になる。ガンガン低音なっている音が好み!って人には向かないと思われる。

あとこのイヤホンには純正で2本ケーブルが付属されており、その2本のケーブルから好きな音を選んで使用する形になる。そしてケーブル単品でも購入することができる。

また必然的にリケーブルも可能であるため、好みのケーブルをつなげることもできる。

先ほども言ったが独特な音を鳴らしてくれるため、高いから買いたくはないけど聞いてみたいな〜って人はイヤホン売り場などで視聴してみてほしい。

 

MOMENTUM True Wireless2

www.sennheiser-hearing.com

メーカー:Sennheiser

ゼンハイザーが手掛けるワイヤレスイヤホンの名作。値段は購入当時35000円くらい。

大学時代に買ったワイヤレスイヤホンがバッテリーといい人ごみの中の接続状況といいそろそろ限界だなってなったので購入したのがこれ。

毎日通退勤で使用していたが、奈良に引っ越して2日目に紛失。その日のうちにこの製品を再度購入したが、1年後紛失したものが見つかった。つまりこの製品に関しては2台持ちということになる。

現在は別のワイヤレスイヤホンを使用しているため、主に寝るときにASMRだったり音楽を聴きながら寝るときに使用している。もう1台は予備として眠っている。

 

MOMENTUM True Wireless3

www.sennheiser-hearing.com

メーカー:Sennheiser

今年の5月下旬に発売されたばかりのMOMENTUM True Wirelessシリーズの新作。値段は35000円くらい。

現在使用しているメインのワイヤレスイヤホンのうちの1つ。主に外に行くときに使用している。

MOMENTUM True Wireless 2と比べてもめちゃくちゃ音がいい。特に高音の鳴り方が前作に比べて余裕のある感じになったように感じる。しかも前作同様ゼンハイザーのアプリにも対応しているためスマホからイヤホンを操作することも可能。

しかし自分の端末と相性が悪いのか、なかなか接続できなかったり、外音取り込みのオンオフがスムーズにできなかったりする。再ペアリングするといいのかな。この問題さえなければめちゃくちゃいいイヤホンなんだけど。

 

FoKus PRO

nobleaudio.jp

メーカー:Noble Audio

去年の年末に発売されたワイヤレスイヤホン。もう一つのメインのワイヤレスイヤホン。値段は60000円しないくらい。

外音取り込み、ANC、防水機能すべて搭載していない、正真正銘の音質特化ワイヤレスイヤホン。

FIO-BTR3K-Bの項目で書いた「後述するワイヤレスイヤホン」とはこのイヤホンのこと。このイヤホンに関しては本当に有線イヤホンクラスの音を出す。カスタムIEMの領域と称している人もいるほど。

元々Noble AudioはカスタムIEMを作っているメーカーということもあり、イヤホンの形状がカスタムIEMのような形状になっている。その形状のおかげで耳への密着感がすごい。そのためANC非搭載ではあるが、そもそもの密着感が他のワイヤレスイヤホンに比べて桁違いなので実質ANC搭載のような形となっている。

音が非常にいいとはいえ防水機能がついていないため、外にはこのイヤホンをもっていっていない。

基本的には外に出る際はMOMENTUM True Wireless 3、家で音楽鑑賞をするときはFoKus PROという形で使い分けている。

 

最後に

今回は現在使用しているオーディオ機器を紹介したが、いずれもそれなりに高価なものとなっているため、手を出しにくい人もいるかもしれない。

しかし、有線イヤホンに関してはケーブル取り換えることで断線してもイヤホンを使い続けることができるので、有線イヤホンに関しては高いものを購入しても損はないかと思われる。

今回のようなオーディオ機器のもの以外でまた何か書き残したいことがあれば記事にしていきたい。

それでは。

青の救助隊 最終進化系技考察(図鑑No.1-100)

概要は以下のリンクより

hcxx.hatenadiary.com

 

覚えるポケモンが非常に多く、なおかつ強力なためどのポケモンでも選択枠に入る技は以下の通り。これらの技は各ポケモンの選択枠に記載しないが技構成例に入る可能性がある。ご了承を。

  • メロメロ
  • 水平切り

 

目次

 

No.3 フシギバナ

確定枠:タネマシンガン

選択枠:地震 居合切り 光合成 体当たり タネマシンガン 眠り粉

技構成例:眠り粉 タネマシンガン 地震 光合成

ステータス:232-147-54-142-54

 

直線連続技であるタネマシンガンは確定枠。

周囲攻撃技の居合切り、部屋全体技の地震、回復技の光合成、高PP技の体当たり、周囲1マスに睡眠をばらまく眠り粉からは好みに合わせて。

確定枠と選択枠の両方にタネマシンガンがあるのはタネマシンガン2連結が候補として挙げられるため。

 

No.6 リザードン

確定枠:熱風

選択枠:翼で打つ 鳴き声 地震 空を飛ぶ 煙幕 メタルクロー

技構成例:熱風+鳴き声 翼で打つ 地震

ステータス:226-115-81-115-83

 

強力な部屋全体攻撃技である熱風は確定。

高PP技の翼で打つ、熱風と連結させることで経験値稼ぎに使える鳴き声、貰い火対策の地震、天空の塔入場条件となる空を飛ぶ、空振り状態にする煙幕、岩対策のメタルクローから選択。

ブラストバーンは熱風にどうしても見劣りするのと、デメリットとして様子見状態があるため今回は候補外とした。

 

No.9 カメックス

確定枠:泡

選択枠:波乗り ダイビング 滝登り 地震 体当たり まもる 冷凍ビーム

技構成例:泡 体当たり 地震 まもる

ステータス:215-113-82-125-82

 

バブル光線に次いで強力な水タイプの直線技であるがほぼ確定枠といってもいい。

残りは遥かなる霊峰や銀の海溝などの入場条件である波乗りダイビング滝登り、部屋全体技の地震、高PPのたいあたり、自信の安全を保障するまもる、水と補完の利く氷タイプの直線技冷凍ビームから選択。

一応Lv1とLv7で泡を習得するため、願い事産カメックスをつくることで泡を多重習得させることができる。

リザードンフシギバナに比べて技の候補が少なく、技のタイプが偏りがちになってしまう。ステータスでごり押したい。

 

No.12 バタフリー

確定枠:銀色の風

選択枠:体当たり 風起こし サイケ光線 眠り粉

技構成例:銀色の風 銀色の風 サイケ光線 体当たり

ステータス:145-85-47-79-33

 

ポケダン界最強の技である銀色の風を入れないとこのポケモンは始まらない。特性「複眼」のおかげでほぼほぼ100%で命中する。

不幸の種を用いることで多重習得も可能。技構成例は銀色の風を多重習得した場合である。

体当たり風起こしはタイプ一致の高PP技、サイケ光線は直線技枠、眠り粉は優秀な補助技。お好みで選択。

 

No.15 スピアー

確定枠:ミサイル針orダブルニードル

選択枠:高速移動 瓦割り 毒針 居合切り

技構成例:ミサイル針 ダブルニードル 高速移動 毒針

ステータス:178-83-45-87-46

 

直線連続技を2種類も覚え、いずれも強力な技であるため少なくともどちらかは確定。

最強格の補助技である高速移動毒針はタイプ一致の正面技、瓦割りは対格闘タイプ用、居合切りはスピアーに不足している周囲への攻撃手段として候補に挙がる。

 

No.18 ピジョット

確定枠:電光石火 高速移動

選択枠:翼で打つ 鋼の翼 空を飛ぶ オウム返し

技構成例:電光石火 翼で打つ 高速移動 鋼の翼

ステータス:165-122-69-124-59

 

タイプ一致技以外の選択肢が極端に少ない。リーダーとして使うにも後衛として使うにも確定枠の2つはどうしても外せないと思われる。

残りはタイプ一致の安定技翼で打つ、対岩タイプ用の鋼の翼、天空の塔入場条件となる空を飛ぶ、正面の敵に対しての緊急退避用となるオウム返しが選択枠となる。

 

No.20 ラッタ

確定枠:体当たり

選択枠:シャドーボール 電光石火 10万ボルト 泥棒 穴を掘る アイアンテール

技選択例:体当たり シャドーボール 電光石火 10万ボルト

ステータス:167-103-73-112-63

 

ノーマルタイプらしく技の範囲が広い。

基本的にはタイプ一致の高PP技である体当たりを中心に、残りはノーマルと相性補完の優れる直線ゴースト技であるシャドーボールなどをダンジョンによって組み替えるのがいいかもしれない。

技構成例では体当たり、シャドーボールに加えて使い勝手のいい電光石火、周囲1マスの攻撃技である10万ボルトをつけて汎用性を高めた。

 

No.22 オニドリル

確定枠:つつくorドリルくちばし

選択枠:つつく 高速移動 乱れ突き オウム返し 鋼の翼

技構成例:つつく 高速移動 乱れ突き 水平切り

ステータス:160-96-60-104-60

 

タイプ一致の高PP技であるつつく、高火力なドリルくちばしから1枠埋めるのがいい。

強力な補助技である高速移動、連続技である乱れ突き、緊急退避用のオウム返し、対岩タイプ用の鋼の翼が選択枠。

 

オニドリルに限った話ではないが、技の選択肢が少ないポケモンたちはどうしても技の優秀さよりもステータスでごり押していかなくてはならなくなってしまう。頑張ってドーピングしよう。

 

No.24 アーボック

確定枠:溶解液or毒針

選択枠:嫌な音 地震 ヘドロ爆弾 噛みつく ギガドレイン

技構成例:嫌な音+溶解液 地震 ヘドロ爆弾

ステータス:172-91-50-94-52

 

タイプ一致の高PP技である溶解液または毒針は確定枠。ドーピングをしているなら毒針のほうがPPが1多い分強いかもしれない。

選択枠としては防御を0.25倍にする最強格の補助技である嫌な音、部屋全体技の地震、タイプ一致直線技のヘドロ爆弾エスパータイプへの打点としての噛みつく、地面タイプへの打点かつHP回復手段としてのギガドレインが候補になると思われる。

 

No.26 ライチュウ

確定枠:ボルテッカー 10万ボルト

選択枠:電光石火 電磁波 高速移動 影分身 叩きつける 天使のキッス 穴を掘る

技構成例:ボルテッカー 10万ボルト 電磁波 電光石火

ステータス:205-129-81-139-79

 

ピチュー系列の専用技かつタイプ一致の直線技であるボルテッカーと周囲1マスへの攻撃技である10万ボルトは確定枠。

扱いやすい電光石火叩きつける、高火力技である穴を掘るが攻撃技、高速移動影分身天使のキッス電磁波などが補助技としての候補になる。

ボルテッカーの覚え方が特殊なのと能力値、赤青のバグの関係で育て方がかなり難しいポケモンであるため、よく考えて育成したい。

 

No.28 サンドパン

確定枠:穴を掘るor地震

選択枠:砂嵐 居合切り 毒針 瓦割り 乱れひっかき ひっかく

技構成例:乱れひっかき 地震 毒針 居合切り

ステータス:170-111-73-106-57

 

確定枠はタイプ一致技である穴を掘る地震から選択。地震は味方も巻き込むので注意。

残りは周囲攻撃技の居合切り、高PPかつ対草タイプの毒針、対氷タイプの瓦割り、汎用性の高い乱れひっかきひっかく、特性を活かすための砂嵐から選択。

 

No.31 ニドクイン

確定枠:毒針 二度蹴り

選択枠:のしかかり 噛みつく 火炎放射 乱れひっかき 地震

技構成例:毒針 二度蹴り 火炎放射 地震

ステータス:158-90-48-98-47

 

タイプ一致の高PP技である毒針と使い勝手のいい二度蹴りはほぼ確定になると思われる。

残りはのしかかり噛みつく乱れひっかき地震火炎放射から。

ちなみに選択枠として火炎放射を入れているが、他にもシャドーボール水の波動冷凍ビームなど様々なタイプの直線技に対応している。

ダンジョンによって技を入れ替えてみるのも面白いかもしれない。

 

No.34 ニドキング

確定枠:毒針 二度蹴り

選択枠:噛みつく 火炎放射 乱れひっかき 地震 メガホーン

技構成例:毒針 二度蹴り 火炎放射 地震

ステータス:170-93-53-104-57

 

ニドクインと技構成例が同じになってしまった。基本的にニドクインと同じ考察でOK。

メガホーンはPPもそこそこで火力も高めなので覚えさせてもいいかもしれない。

 

No.36 ピクシー

確定枠:歌う 往復ビンタ

選択枠:この指とまれ 月の光 はたく コメットパンチ 10万ボルト 瓦割り 火炎放射 シャドーボールなど

技構成例1:歌うorメロメロ 往復ビンタ この指とまれ 月の光

技構成例2:歌うorメロメロ 往復ビンタ コメットパンチ 10万ボルト

ステータス:118-85-42-89-44

 

技構成例1はこの指とまれ 歌うなどでサポートをしていく型。全体回復技の月の光も持っているため完全にサポート特化。一応往復ビンタで迎撃もできる。

技構成例2は正面攻撃の往復ビンタ、直線技のコメットパンチ、周囲攻撃の10万ボルトでリーダー適性を高めたもの。

なによりステータスが貧弱そのものなのでどちらの路線で使おうにもドーピングは必須。

 

No.38 キュウコン

確定枠:封印

選択枠:電光石火 オーバーヒート 火炎放射 ひのこ 穴を掘る アイアンテール 怪しい光 神秘の護り

技構成例:封印 アイアンテール 火炎放射 電光石火

ステータス:212-86-49-98-51

 

封印がとにかく強力であり、このポケモンの覚える技の中で頭一つ抜けて強い技であるため、この技だけは外せない。

残りは使い勝手のいい電光石火、直線技の火炎放射、高PP技のひのこ、対岩タイプ用のアイアンテール穴を掘るあたりから選ぶといい。

怪しい光神秘の護りは封印があまりに強力なため優先度は低め。オーバーヒートは特攻が2段階下がるがキュウコンが覚える唯一の周囲攻撃技であるため、緊急用に覚えさせてもいい。

 

No.40 プクリン

確定枠:往復ビンタor転がる

選択枠:歌う はたく 金縛り 火炎放射 水の波動 10万ボルト

技構成例:歌う 転がる はたく 10万ボルト

ステータス:167-91-35-109-33

 

往復ビンタ転がるという強力な連続技を2つ覚える。どちらか1つでも、両方覚えさせてもいい。歌うも便利な技であるため確定。

残りは相手を眠らせる歌う、高PP技のはたく、麻痺にする金縛り、直線技の火炎放射水の波動、周囲攻撃技の10万ボルトから選ぶといい。

 

No.45 ラフレシア

確定枠:メガドレイン

選択枠:タネマシンガン 溶解液 ヘドロ爆弾 アロマセラピー 月の光 眠り粉

技構成例:メガドレイン 溶解液 タネマシンガン アロマセラピー

ステータス:126-88-43-96-42

 

メガドレインはタイプ一致かつ高PP枠として確定。HP回復手段としても優秀。

残りは直線連続技のタネマシンガン、タイプ一致の高PP技の溶解液、タイプ一致の高火力直線技のヘドロ爆弾、状態異常回復が可能なアロマセラピー、優秀な補助技の眠り粉から選択するといい。

HP回復技はメガドレインと月の光の他にも吸い取るギガドレインを覚える。味方のHPも回復させるなら月の光を覚えさせるといい。吸い取る、ギガドレインよりかはメガドレインのほうがPPなどとの兼ね合いで使いやすい。

 

No.47 パラセクト

確定枠:キノコの胞子 吸血

選択枠:ひっかく 居合切り 穴を掘る タネマシンガン アロマセラピー

技構成例:キノコの胞子 吸血 居合切り アロマセラピー

ステータス:143-96-53-107-53

 

部屋全体の敵を眠らせるキノコの胞子、タイプ一致のHP回復攻撃技の吸血は確定。

残りは高PPのひっかく、周囲技の居合切り、対炎タイプ用の穴を掘る、タイプ一致の直線連続技のタネマシンガン、状態異常回復技のアロマセラピーから選択。

キノコの胞子が実質爆睡玉と同じように扱えるためモンスターハウスでも全く怖くないのがえらい点。この技を覚えるだけで強ポケ扱いにできるレベルでキノコの胞子がぶっ飛んでいるためぜひ育てたい。

 

No.49 モルフォン

確定枠:銀色の風

選択枠:風起こし 体当たり 念力 吸血 サイケ光線 ヘドロ爆弾 痺れ粉 眠り粉 超音波

技構成例:銀色の風 体当たり 吸血 サイケ光線

ステータス:182-102-58-110-60

 

育てあげるとアメモース級に化けるポケモンポケダン界最強の技、銀色の風を使うポケモンの中でもかなり強力な部類のポケモン

高PP技の体当たり念力風起こし、さらにHP回復も兼ねる吸血、直線技のサイケ光線ヘドロ爆弾、周囲に状態異常をばらまく痺れ粉眠り粉、相手を混乱にする超音波から選択。

技の選択肢がかなり多く、いろんな型を作ることができる。その面ではアメモースよりも優れている点である。

 

No.51 ダグトリオ

確定枠:泥掛けor地震

選択枠:トライアタック 居合切り ヘドロ爆弾 燕返し 砂嵐

技構成例:泥掛け トライアタック 居合切り ヘドロ爆弾

ステータス:165-87-49-89-48

 

基本的に高PPのタイプ一致技の泥掛け、部屋全体技の地震から1枠、残りはそれなりに火力が出て高PPなトライアタック、周囲攻撃技の居合切り、直線技のヘドロ爆弾、対草タイプ用の燕返し、砂隠れを活かすための砂嵐あたりから選択になる。

地面枠に関しては地震よりも泥掛けのほうが味方を巻き込むことがないため扱いやすいかもしれない。

 

No.53 ペルシアン

確定枠:嫌な音+乱れひっかき

選択枠:猫に小判 猫だまし 噛みつく シャドーボール 居合切り

技構成例:嫌な音+乱れひっかき 噛みつく シャドーボール 居合切りor猫に小判

ステータス:237-114-72-123-70

 

最強クラスの連結技である嫌な音+乱れひっかきは確定。

残りはポケ集めの猫に小判、2マス先の攻撃技の猫だまし、対ゴーストタイプ用の噛みつくorシャドーボール、タイプ一致の周囲攻撃技の居合切りから選択。

ポケ集め要員とするなら猫に小判を覚えさせて使っていきたい。

 

No.55 ゴルダック

確定枠:嫌な音+乱れひっかき

選択枠:念力 水の波動 金縛り 冷凍ビーム アイアンテール

技構成:嫌な音+乱れひっかき 念力 水の波動

ステータス:229-139-89-147-89

 

特性(ノー天気+湿り気)のおかげで探検がかなり安定するポケモンどんな技構成でもいいから育てておいても損はない。

最強クラスの連結技である嫌な音+乱れひっかきは確定。

タイプ一致高PP技の念力、タイプ一致直線技の水の波動、相手を麻痺にする金縛りを中心に冷凍ビームアイアンテールなどから選択する。

 

No.57 オコリザル

確定枠:嫌な音+乱れひっかき

選択枠: 気合い溜め+空手チョップ ひっかく けたぐり 10万ボルト

技構成例:嫌な音+乱れひっかき 10万ボルト けたぐり

ステータス:175-93-51-96-48

 

ペルシアンゴルダックに続いてこいつも嫌な音+乱れひっかきの連結を使うことができる。気合い溜め or 嫌な音+空手チョップとの選択になると思いきや、乱れひっかきのほうがどうしても火力が高くなる。

一応気合い溜め+空手チョップの連結も強力であるため選択枠には入るか。他には周囲技の10万ボルトなど。

 

No.59 ウインディ

確定枠:神速 火炎放射or火の粉

選択枠:穴を掘る アイアンテール かみつく 手助け 高速移動

技構成例:神速 火炎放射 かみつく 高速移動

ステータス:198-88-52-98-52

 

電光石火の強化版の神速、タイプ一致の高PP技の火の粉、直線技の火炎放射のどちらかの2枠は確定。

残りは対地面タイプ用の穴を掘る、対岩タイプ用のアイアンテール、高PPで使い勝手のいい噛みつく、味方支援ができる手助け、超強力な補助技である高速移動から選択になると思われる。

 

No.62 ニョロボン

確定枠:泡

選択枠:心の目 地震 水鉄砲 瓦割り 波乗り ダイビング 滝登り のしかかり 催眠術

技構成例:泡 瓦割り 心の目+地震

ステータス:195-90-58-102-58

 

タイプ一致の直線技のはほぼ確定になると思われる。

心の目は命中率が低めになっている部屋全体攻撃と組み合わせるといい。ニョロボンの技だと地震が一番相性がいい。

心の目地震の他には水鉄砲瓦割りのしかかりといった使い勝手のいい技、相手を眠らせる催眠術、各ダンジョンの入場条件にもなる波乗りダイビング滝登りから選ぶといい。

 

No.65 フーディン

確定枠:念力

選択枠:自己再生 金縛り テレポート サイケ光線orシャドーボール

技構成例:念力 水平切り 自己再生 テレポート

ステータス:175-91-53-99-53

 

めぼしい攻撃技は念力水平切りサイケ光線シャドーボールくらいしかない。念力は高PP技であるため確定として、他の技もうまく使ってカバーしていきたい。

補助技は自己再生金縛りから選択したい。テレポートは西の洞窟や地底遺跡でのドーピングアイテム集めに使用できる。

やはりフーディンといえばLv1ダンジョン。通常ダンジョンよりもLv1ダンジョンのほうが圧倒的に輝くポケモンなのでそっち方面で使っていきたい。

 

No.68 カイリキー

確定枠:空手チョップorクロスチョップorけたぐり

選択枠:水平切り 地震 火炎放射 気合い溜め

技構成例:空手チョップ けたぐり 水平切り 火炎放射

ステータス:224-116-76-125-76

 

主人公ポケモン以外だと最高クラスのステータスを誇るマッチョ。

高PPのタイプ一致技である空手チョップを中心にクロスチョップけたぐりあたりからタイプ一致技を、水平切り地震火炎放射などで範囲技を補うといい。

また気合い溜めとそれぞれの技を連結させることで火力を高めることもできる。

 

No.71 ウツボット

選択枠:溶解液 ツルの鞭 居合切り タネマシンガン 葉っぱカッター 眠り粉 痺れ粉

技構成例:溶解液 葉っぱカッター 居合切り 眠り粉

ステータス:108-67-30-71-29

 

タイプ一致の溶解液ツルの鞭から1枠、残りは周囲攻撃技の居合切り、直線連続技のタネマシンガン、直線かつ急所に当たりやすい葉っぱカッター、周囲に状態異常をばらまく眠り粉痺れ粉から選択するといい。

それ以上にステータスが貧弱なのでドーピングを頑張らないといけない。

 

No.73 ドククラゲ

確定枠:毒針or溶解液

選択枠:嫌な音 バブル光線 冷凍ビーム 波乗り ダイビング 滝登り 居合切り

技構成例:嫌な音+毒針 バブル光線 居合切り

ステータス:179-88-44-94-43

 

タイプ一致かつ高PPの毒針溶解液から1枠、残りは強力な補助技である嫌な音、強力な直線技であるバブル光線、相性補完の利く直線技である冷凍ビーム、前方3方向に攻撃する水平切り、周囲攻撃技の居合切り、各種ダンジョンの入場条件となる波乗りダイビング滝登り選択するといい。

 

No.76 ゴローニャ

確定枠:ロックブラストor転がる

選択枠:体当たり 地震 岩落とし 火炎放射

技構成例:ロックブラスト 地震 体当たり 火炎放射

ステータス:181-109-58-119-56

 

タイプ一致の連続技、ロックブラスト転がるはどちらか覚えさせた方がいい。

残りは高PP技の体当たり岩落とし、タイプ一致の部屋全体攻撃技の地震、前方3方向攻撃技の水平切り、対草タイプ用かつ直線技の火炎放射から選ぶといい。

 

No.78 ギャロップ

確定枠:ひのこ 乱れ突き

選択枠:高速移動 電光石火 飛び跳ねる 火炎放射

技構成例:ひのこ 乱れ突き 電光石火 高速移動

ステータス:194-114-53-113-53

 

タイプ一致の高PP技のひのこと、連続攻撃技の乱れ突きは確定。

強力な補助技の高速移動、2マス先攻撃の電光石火、高火力な溜め技の飛び跳ねる、タイプ一致の直線技の火炎放射、前方3マス攻撃技の水平切りから残りを選ぶことになると思われる。

ちなみに飛び跳ねるは今作ではポニータ系列とバネブー系列しか覚えないらしい。

 

No.80 ヤドラン

確定枠:水鉄砲or念力(or波乗り)

選択枠:水の波動 火炎放射 シャドーボール 瓦割り 金縛り 波乗り ダイビング 滝登り

技構成例:水鉄砲 火炎放射 シャドーボール 水平切り

ステータス:206-138-79-117-66

 

基本的には水鉄砲念力で1枠、残りは遠距離技の水の波動火炎放射シャドーボール、対悪タイプ用の瓦割り、相手を麻痺にする金縛り、各種ダンジョンの入場条件となる波乗りダイビング滝登り選択になる。

波乗りに関しては確定枠の枠の代用としてもいいかもしれない。

 

No.82 レアコイル

確定枠:スパークor電気ショック

選択枠:10万ボルト 体当たり ソニックブーム 嫌な音 金属音 ロックオン 電磁波

技構成例:金属音+電気ショック 10万ボルト 体当たり

ステータス:202-92-55-97-54

 

タイプ一致の高PP技であるスパークまたは電気ショックを確定枠として、残りは特防を下げる金属音、最強クラスの補助技である嫌な音、必中になるロックオン、麻痺にする電磁波などの補助技や周囲攻撃技の10万ボルト、使い勝手のいい体当たり、強力な固定ダメージ技のソニックブームなどから攻撃技を選ぶといい。

 

No.83 カモネギ

確定枠:乱れ突き

選択枠:連続切り 切り裂く みねうち 鋼の翼 高速移動 剣の舞

技構成例:剣の舞+乱れ突き 連続切り 鋼の翼

ステータス:145-91-52-96-61

 

タイプ一致の連続技である乱れ突きはぜひ覚えさせたい。

残りは連続切り切り裂くみねうち鋼の翼から攻撃技を、高速移動剣の舞から補助技を選ぶといい。

特に剣の舞は嫌な音ほどではないが連結して使うことで真価を発揮する技。乱れ突きと組み合わせることでかなりの火力になる。繰り返し使うことでどんどん火力が上がるのは嫌な音連結とは異なる点。

 

No.85 ドードリオ

確定枠:つつくorドリルくちばし

選択枠:つつく 高速移動 乱れ突き 鋼の翼 トライアタック

技構成例:つつく 高速移動 乱れ突き 水平切り

ステータス:188-105-51-108-52

 

タイプ一致の高PP技であるつつく、高火力なドリルくちばしから1枠埋めるのがいい。

強力な補助技である高速移動、連続技である乱れ突き、タイプ一致で扱いやすいトライアタック、対岩タイプ用の鋼の翼が選択枠。

技の選択肢はオニドリルとあまり変わらない。攻撃面ではトライアタックのあるドードリオのほうが優秀であると思われる。乱れ突きとうまく使い分けていきたい。

 

No.87 ジュゴン

確定枠:凍える風

選択枠:オーロラビーム シグナルビーム 水の波動 波乗り ダイビング 滝登り

技構成例:凍える風 シグナルビーム 水の波動 水平切り

ステータス:195-121-72-109-54

 

タイプ一致なおかつ直線技、さらに確定で相手の移動速度が1段階下がる凍える風は確定。

残りはオーロラビームシグナルビーム水の波動の直線技たち、波乗りダイビング滝登りの各種ダンジョン入場条件から選ぶといい。

絶対零度も覚えるが、こちらが使うにはあまりにメリットがないため候補外。

 

No.89 ベトベトン

確定枠:ヘドロ攻撃

選択枠:ヘドロ爆弾 はたく 泥棒 ギガドレイン 10万ボルト 電撃波 火炎放射 嫌な音 小さくなる

技構成例:嫌な音+ヘドロ攻撃 ギガドレイン ヘドロ爆弾 泥棒

ステータス:194-110-57-110-57

 

タイプ一致の高PP技であるヘドロ攻撃は確定として、残りはタイプ一致直線技のヘドロ爆弾、サブ技として使える直線技の電撃波火炎放射、ノーマルの高PP技のはたく、悪の高PP技の泥棒、対地面タイプ用のギガドレイン、物理技と連結させることで火力をかなり増大させることのできる嫌な音、自信の回避率を上げることができる小さくなるから選ぶといい。

意外に覚えるタイプの範囲はかなり広いため色々覚えさせてみて使っていきたいポケモンである。

 

No.91 パルシェン

確定枠:棘キャノン

選択枠:氷柱針 オーロラビーム 冷凍ビーム 水の波動 体当たり 波乗り ダイビング 超音波 守る

技構成例:棘キャノン 氷柱針 体当たり ダイビング

ステータス:195-110-53-110-53

 

直線連続技である棘キャノンは確定。

残りはシェルダー系統専用技かつタイプ一致の連続技の氷柱針、タイプ一致の直線技であるオーロラビーム冷凍ビーム水の波動、高PP技の体当たり、相手を混乱にする超音波、自身の安全を数ターン保証する守る、各種ダンジョンへの入場条件となる波乗りダイビングから選択するといい。

範囲攻撃技は水平切りしか覚えないため、モンスターハウス対策には水平切りを覚えさせるか、通路に入り棘キャノンで一掃するなどしたい。

 

No.94 ゲンガー

確定枠:シャドーボールorヘドロ爆弾

選択枠:舌で舐める 10万ボルト ギガドレイン サイコキネシス 瓦割り 夢喰い 催眠術 怪しい光

技構成例:シャドーボール 10万ボルト 催眠術+夢喰い

ステータス:193-123-60-126-59

 

タイプ一致の直線技であるシャドーボールヘドロ爆弾から1つ確定としたい。

残りは高PP技である舌で舐める、周囲攻撃技の10万ボルト、HP回復も兼ねる対地面タイプ用のギガドレイン、対応できるタイプを増やすためのサイコキネシス瓦割り、相手を眠り状態にする催眠術と相性のいい夢喰い、混乱にする怪しい光から選択したい。

 

No.97 スリーパー

確定枠:念力

選択枠:はたく シャドーボール 瓦割り 泥棒 催眠術 金縛り 自己暗示

技構成例:念力 はたく シャドーボール 水平切り

ステータス:144-102-46-98-49

 

技の選択肢があまりない。

タイプ一致かつ高PP技の念力を確定として、残りはノーマルの高PP技のはたく、対ゴースト用となるシャドーボール泥棒、対悪タイプ用の瓦割り、相手を眠らせる催眠術、相手を麻痺にする金縛り、自分の能力下降を打ち消すことのできる自己暗示から選ぶといい。

 

No.99 キングラー

確定枠:泡

選択枠:はさむ メタルクロー クラブハンマー 水の波動 居合切り 穴を掘る 冷凍ビーム 波乗り ダイビング

技構成例:泡 はさむ 居合切り メタルクロー

ステータス:205-119-60-115-65

 

PP多めのタイプ一致直線技のを中心に、高PPのはさむ、鋼打点となるメタルクロー、急所に当たりやすいタイプ一致技のクラブハンマー、直線技の水の波動冷凍ビーム、周囲攻撃技の居合切り、対電気タイプとなる穴を掘るから残りを選ぶといいかもしれない。

一撃必殺であるハサミギロチンはこちらがあまり使ってもあまり強くないため候補外。

 

最後に

図鑑No1-100に含まれる最終進化系のポケモンの技考察は以上となる。ポケモンによってはこの技を入れた方がいい!みたいなものもあるかもしれない。今回選んだ技以外でも有用な技はあると思うので、ぜひ各々のお気に入りの技構成にしていってほしい。

 

No.101-200

執筆中

 

No.201-300

執筆中

 

No.301-386

執筆中

青の救助隊 最終進化系技考察 概要

どうも、りゅーです。

 

青の救助隊では合計386種のポケモンが登場する。

今回はその386種のポケモンのなかで伝説・幻を含めた最終進化系のポケモンたちの技構成の考察を行っていきたい。

しかし、386種の最終進化系といえどかなりの数となる。そこで図鑑No.1-100、No.101-200、No.201-300、No.301-386の4記事に分けて考察をしていく。

 

注意点

  • 一応どのポケモンにも確定枠をつけているが、あくまで自分の主観でこの技は確定かな、と考えているものである。鵜呑みにしないように。
  • 技構成例は実際に自分のデータで作っているものもあるが、大半は自分のデータで作っていないものである。そこはご了承を。
  • ステータスは純正Lv100のものである。進化のタイミングなどによってそこから強くもなったり弱くもなったりする。そこはwikiを参照のこと。
  • ステータスの数値はHP-攻撃-防御-特攻-特防の順番で書いてある。

 

考察記事のリンクは以下に載せておく。どんな技構成にしようかなあってなってる人は参考にして欲しい。それでは。

 

No.1-100

hcxx.hatenadiary.com

 

No.101-200

執筆中

 

No.201-300

執筆中

 

No.301-386

執筆中